赤ちゃんのお肌に優しいベビースキンケアの基礎知識

赤ちゃんのお肌を大人と同じように考えると間違ったケアに陥りがちになります。

お肌に必要なケアというのは基本的に2つです。

それは、「お肌をキレイに保つこと」と、「乾燥させないように保湿すること」です。
これは大人の方でもお年寄りの方でもあらゆる世代に方に共通していえることです。

赤ちゃんの場合はもう一つポイントがあります。

それは、「お肌への優しさ」です。

本当であれば、赤ちゃんだけでなく、これもあらゆる世代の方に当てはまることです。

大人の方はイイ香りが好きなので、ボディソープやシャンプーなどに香料が入っているものを選ぶ傾向がありますが、
赤ちゃんの場合は無香料のものを選びます。

香料というのは香り以外のメリットはなく、
お肌に対しては負担となりえるものなので、入っていない方がお肌には優しいといえます。

同じく、着色料もです。
綺麗な色に惹かれがちですが、合成香料などはお肌に必要なものではありません。

赤ちゃん用化粧品選びの際には無着色のものを選ぶ方が多いですよね。

本来なら大人も赤ちゃん用の選び方であるべきですが、
それ以外の香りや色などの価値を求めて優しさだけが選ぶ理由ではなくなっています。

最近は優しさを求める大人の方も徐々に増えてきています。
無添加とかオーガニックといった言葉が流行っているのが良い例だと思います。

乳児湿疹という赤ちゃんの肌トラブルは、
お肌の状態が健やかでない場合に起こりやすくなります。

赤ちゃんのお肌の状態が健やかでないというのは、
乾燥していたり、皮脂で肌がベトベトだったり、汗まみれだったりといった状態です。

赤ちゃんのお肌を健やかな状態にしてあげれば、
乳児湿疹等の肌トラブル対策になります。

そのためには、先に挙げました3つのポイントをしっかりと押さえて、
赤ちゃんのスキンケア化粧品を選んであげることがおすすめです。

ベビースキンケアの基本とはこの3つのポイントを押さえることです。

赤ちゃんの笑顔が見たい!ママとパパのための無添加ベビーソープ

赤ちゃんには元気にすくすくと育ってほしい!
ママとパパの共通の願いではないでしょうか?

何のトラブルもなく、育ってくれればいうことはないですが、
まだまだ乳児はお肌が未完成でデリケート。
そして、赤ちゃんは自分自身でお肌の手入れはできません。
ママとパパがしっかりと赤ちゃんのケアをしてあげなければなりません。

特にお肌に良くないことをしていないからケアしなくても大丈夫!ということはありません。
赤ちゃんのお肌は大人のお肌に比べて乾燥しやすいお肌なのです。

大人の皆さん、特に女性は保湿対策にかなり力を入れていると思います。
冬に保湿化粧品が売れるのはお肌が乾燥しやすい季節だからですよね。

お風呂上りには化粧水や乳液付けませんか?
大人の皆さんはこれまでの経験でケアすべきこととケアするタイミングを知っています。
でもその習慣ともなっている保湿ケアはスキンケアにおいてもっとも重要なことなのです。

健やかなお肌を保つには潤いと保湿は不可欠です。
お肌は乾燥してしまうと、様々な刺激から守る力が弱くなってしまい、
それによってお肌のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

大人の方がしっかり保湿ケアをしているのであれば、より乾燥しやすい赤ちゃんのお肌にもしっかりと保湿ケアをしてあげましょう。

何もプラセンタなどの高級美容成分配合の化粧品を使いましょうといっているわけではありません。
お肌に優しい成分で作られた化粧品でかつ潤いと保湿にフォーカスされた化粧品でケアしてあげましょう。

それにはベビーローションもとても大切です。
では一番乾燥しやすいタイミングはいつでしょうか?
もちろん入浴後ですよね。
理由はとても簡単。入浴中に体を洗うことによってお肌の皮脂が洗い流されるからです。

皮脂を失ったお肌はとても乾燥しやすくなります。
それなら、体を洗っても潤いが残るベビーソープがあればいいと思いませんか?

お肌にしっとりと潤いを残したまま洗い上げてくれるベビーソープがDolci Bolle(ドルチボーレ)のベビーソープです。

このドルチボーレベビーソープの特徴としては、
まず、ベースとなる水には赤ちゃんのために作られた九州の雷山で採水される天然水を利用した非加熱天然水の天使の希水を100%配合しています。
浸透力の高い水がお肌に潤いを届けてくれます。

また、ミネラルである珪素(ケイ素)も配合されています。
珪素は元素でもあり、元素記号やSiです。シリカとかシリコンなどと呼ばれています。
ちなみにシャンプーなどで問題となっているノンシリコンなどのシリコンとは別物です。
シャンプーなどに使われているシリコンは正式にはシリコーンです。

珪素は鉱物に多く含有されており、野菜や海草類から多く摂取できるミネラルですが、
そういった食べ物以外からの摂取が難しいミネラルでもありました。
水晶は珪素の塊といってもいいのですが、その水晶を超高温で数時間燃焼し続けると気体に変わり、その気体に変わった珪素成分を特殊な製法で水溶性濃縮溶液にした水溶性珪素濃縮溶液がUMO(ウモ)であり、水溶性なので摂取することで体内で吸収されることができる珪素サプリメントです。

このUMOをドルチボーレベビーソープには配合しています。
珪素はお肌にどんなメリットがあるかといいますと、お肌の状態を整えてくれます。

さらには、使用している保湿成分は元々お肌に存在している天然保湿因子のヒアルロン酸やPCA-Naや細胞間脂質のセラミドに非常に近い成分である植物性セラミドとも言われるコメヌカスフィンゴ糖脂質を使用しており、お肌に負担を与えにくい成分となっています。

赤ちゃんのお肌に対してとことん優しさを追求したドルチボーレベビーソープだからこそ、
赤ちゃんだけでなく、あらゆるデリケート肌の方のフェイスウォッシュやボディーウォッシュにお使い頂けますし、さらにはあまり刺激の強いもので洗うことは避けたいデリケートゾーンを洗うのにもお使い頂けます。

もちろんお肌に負担となりえる、パラベン、香料、着色料、アルコール・エタノール、鉱物油、石油系界面活性剤、シリコーン、旧表示指定成分といった成分は一切使っていない無添加ベビーソープです。

赤ちゃんだけでなく、家族みんなで使えて幸せをお届けするのがドルチボーレベビーソープなのです。

ドルチボーレの購入はこちら⇒赤ちゃんに笑顔を届ける無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販サイト

ブームに流されない本質で見分けるシャンプー選び

シャンプーにもブームがあります。
最近まではノンシリコンシャンプーがブームであったことは誰もがご存じのことでしょう。

今もまだブームは続いていますが、
アミノ酸系シャンプーブームもあれば、オーガニックシャンプーブームもありました。

次のシャンプーブームといわれているのはオイルシャンプーです。

オイルシャンプーが次のブームになるかどうかは別にして、
そういったシャンプーのブームに流されず、どんな時にも頭皮や髪に優しいシャンプーを選ぶことができるような選び方を紹介します。

それは成分を見て選ぶという方法です。
シャンプーにはベースとなる水の他に、洗浄成分、保湿成分、ハリコシを与える成分、ツヤを与える成分、頭皮を健やかに保つ成分、毛髪補修成分、防腐剤、変質防止剤などが配合されています。

もっとも重要なのは水の次に配合量が多い、洗浄成分です。
洗浄成分を数種類覚えるだけでこれから先シャンプー選びに困ることはないでしょう。

よりたくさんの成分を知るにこしたことはありませんが、
全ての成分を覚えることはよほど勉強しない限りできないです。
それよりもシャンプーによく使用される成分は色々なシャンプーで同じものも多いので、
何度かシャンプーの成分をチェックしていれば見覚えのある成分が出てくると思います。

ブームはブームです。シャンプー自体が良いかどうかは別問題。
高品質のシャンプーを選びたいなら成分で確認するようにしましょう!

シャンプーラインナップが豊富な通販サイトはこちら⇒シャンプー専門通販「シャンプーオンライン」

ノンシリコンなのに驚きの潤い!マーガレットジョセフィンシャンプー

ノンシリコンシャンプーの特徴としては髪がきしみやすくなる!ということが挙げられます。

最近はノンシリコンでもしっとり潤うというのをウリにしているシャンプーも増えてきました。
マーガレットジョセフィンのシャンプーはシャンプーだけでも髪が驚くほど潤いますが、
それだけだと他のシャンプーと大差ありませんよね。

シャンプーの品質を左右するのはノンシリコンであるかどうかではなく、
洗浄成分です。
マーガレットジョセフィンのシャンプーはアミノ酸系の頭皮や髪に優しい洗浄成分で作られています。

もちろんそれだけではありません。
マーガレットジョセフィンには北海道の鮭から抽出されるマリンコラーゲンを配合することで髪にも頭皮にも潤いを与えてくれます。

ハリ・コシ・ツヤのある美しい髪には頭皮を健やかな状態へと導くことが大切です。
頭皮環境が悪ければ美しい髪は望めません。

健やかな頭皮環境を妨げるのが頭皮の乾燥です。
頭皮を乾燥から守るケアというのはとても大切なケアとなります。

マーガレットジョセフィンシャンプーの場合はマリンコラーゲンによって髪だけでなく、頭皮にも潤いを与え、
さらには頭皮環境を整えるSODという成分が配合されているので、頭皮環境を健やかな状態へと導いてくれます。

ニキビ跡、毛穴が凹んで穴が開いてしまった!という経験はありませんか?

ニキビがやっと治ったと思っても、その後のニキビ跡が黒ずんでなかなか治りませんよね。

ニキビ跡の黒ずみが消えるのは、1ヶ月くらいかかります。

その間、ニキビ専用の塗り薬を塗っています。
黒ずみはいつか消えるからまだ良い方なんですが、ニキビが潰れて治ったニキビ跡は毛穴に穴が開いた状態になって困ります。

思春期にはニキビが沢山できますから、膿んだ状態のニキビが沢山できます。
気をつけて洗顔したりしていても、ふとした瞬間にニキビが潰れてしまいます。
しまったと思っても遅いんです。

またニキビって、同じような所ばかりに集中してできますよね。
やっとこちらが治ってきたと思ったら、隣にまたできたりして嫌になります。

特に頬とこめかみに多くできるので、常にこの部分が赤みを帯びた状態になります。
そして治ったニキビ跡のニキビ穴も沢山できています。

凹んでしまったニキビ跡がなんとか再生して、きれいな肌になって欲しいと思っていますが、もしこのまま大人になっても凹んだ状態だったら、顔がボコボコになってしまうと心配しています。

男の子ならまだ気にならないかもしれませんが、女の子だったら将来お化粧をしないといけないのに、ちょっと可哀そうになります。

ニキビの跡が綺麗に治ってくれる方法がないものかと日々考えています。

ニキビ跡消すに大切なことがあります。地道に健やかなお肌を手に入れるようなケアが必要です。
ニキビケアについてもっと詳しく知りたい方はこちら⇒ニキビ跡消す為にオススメの方法についての情報サイト

アンナトゥモールでお肌に優しいスキンケアを始めませんか?

アンナトゥモールの化粧品を使って優しくスキンケアしませんか?

敏感肌や乾燥肌の方やさまざまなお肌のトラブルを抱えている方にはやさしいスキンケアが必要です。

スキンケアの基本は潤いと保湿です。

もちろん全ての化粧品は潤い成分や保湿成分は入っています。

ですが、そのような美容成分の他にもお肌に刺激の強い成分も入っています。

お肌にとってプラスの成分とマイナスの成分が混ざり合っているのです。

良い化粧品であればあるほど、

プラスの成分が多く、マイナスの成分が少ないというのが通常です。

アンナトゥモールの化粧品はプラスの成分ばかりで構成されています。

よく化粧品に使われているパラベンもアンナトゥモールでは配合していません。

パラベンは防腐効果は最強といわれていますが、その分お肌への刺激も強いのです。

パラベンを使用せずに防腐効果を出すというのが難しいのです。

アンナトゥモールではローズマリー葉エキスの防腐効果を利用しています。

天然由来で無添加化粧品にこだわったアンナトゥモールならではのお肌に優しい成分構成です。

お肌に悩みを抱えているのでしたら、是非とも一度アンナトゥモールを試してみてください。
品質の高さは素晴らしいものがありますよ。本物にこだわった化粧品ブランドです。

オーブスは水にこだわったお肌に優しい化粧品

オーブスという化粧品ブランドがあります。

このオーブスというブランドは水がベースです。

というのもオーブスというブランド自体がもともと水の力に目をつけて水の研究を重ね、白馬の天然水がもっとも安定した水であるということを突き止めてそこからその白馬の天然水を利用して作られた化粧品ブランドなのです。

水は地球上の70%以上を占めており、人間のカラダも70%以上は水でできています。

地球上に存在するあらゆる生命にとって水はかけがえのない大切なものであり、

どんなけ良い水を使用するかは人にとってとても影響のあることなのです。

基本的に水ベースで作っているので、もちろん敏感肌の方や赤ちゃんなどにもお使い頂けます。

オーブスの愛用者にはこれまでどんな化粧品を使ってもお肌に合わず、

自分にあう化粧品はないんじゃないかと諦めかけていた方が多いのです。

諦めかけていた最後の最後で出会ったオーブス化粧品が初めて自分のお肌にあう化粧品だったというケースです。

オーブスに限らずこだわりの高品質化粧品というのは水にこだわっている商品が多いように感じます。

水には様々な力があるということは皆様もご存じだと思います。

水道水とミネラルウォーター、そして山の湧き水、RO水などなどそれぞれどれも水ですが、
味もことなれば、配合している成分や比率が違います。

水にこだわった化粧品ブランドのオーブスはとてもオススメです。

ニキビ跡消すことってできるの?

ニキビ跡ってなかなか消えないのであきらめている方も多いのではないでしょうか。
ただ、あきらめてはいるものの顔に残ったニキビ跡は嫌でも目立ってしまいます。
できるのであれば、ニキビ跡消すことができれば嬉しいですよね。

ニキビ跡には大きくわけて2種類があります。
一つは赤黒いのがお肌に残ってしまう色素沈着型のニキビ跡、
そしてもう一つが凸凹のクレーター型のニキビ跡です。

まず、クレーター型ニキビ跡の方は病院で治療を受けることが一番です。
基本的に自宅でスキンケアしてどうこうなるものではありません。
ですが、ニキビケア用のスキンケアをしていることでクレーター型のニキビ跡が消えたというケースも存在はしますが、
たまたまだと思います。もちろんニキビができにくいようにお肌の状態を健やかな状態に整えることはいずれにせよ大切なことではあります。

では色素沈着型のニキビ跡はどうかといいますとこれも本来はちゃんと病院で診てもらうべきです。ですが、このタイプのニキビ跡は適切なニキビケアを行っているとニキビ跡を消すことができたという声が比較的多いのです。
ニキビ予防はニキビ跡ケアにももちろん良いに決まっています。なぜならニキビができにくいお肌というのはお肌の状態が健やかな状態ということです。健やかな状態のお肌はバリア機能や新陳代謝、ターンオーバーも正常に機能している状態です。そのような状態のお肌であるならば、色素沈着型のニキビ跡はケアできる可能性は高まることでしょう。

ノンシリコンシャンプーについて正しい知識を持ちましょう!

多くの方に伝えたいこと。それはシャンプーはノンシリコンかどうかで判断するものではないということです。
もっと大事な、もっと本質的な判断の仕方を是非知ってほしいのです。

ノンシリコンシャンプーだからいいシャンプーだと思っている方はメーカー側の思惑にまんまとはまっています。
ですが、いくら商売とはいえどもやはり商品というのは使う人の為に有益でなければいけないと思います。

使うみなさんはそのシャンプーに様々な期待をかけて購入するわけです。
その期待に応える、もしくは期待以上のメリットを与えるだからそのシャンプーが愛され続けて企業が儲かる。
それが本来のあるべき姿です。

しかし、今のシャンプー業界には売ったもん勝ちのような考えの会社も多いです。
もちろん使う人の立場になって品質にこだわって商品作りをおこなっている会社さんも少なくありません。
ですが、次から次へと発売されるシャンプーのセールストークを見てみてください!
どのシャンプーもほぼ似たような内容となっています。

ではトーク通りに品質も似たり寄ったりなのかといいますと品質にはかなりの差があります。
シャンプーの本当の選び方を知らなければ同じセールストークであれば、香りとボトルデザインと使用感、価格くらいでしか判断できないんじゃないでしょうか。しかもそんな選び方ではなかなか良質なシャンプーに出合えません。
最初にあることを確認するだけで良質なシャンプーに出合える確率は何倍にもなります。

オールインワン化粧品の良さとは?

今回はオールインワン化粧品の魅力について語りたいと思います。
オールインワン化粧品というのはこれ一つを使うだけで化粧水にもなりますし、乳液にもなり、美容液やパック、リップクリームなどにもなりますというオールマイティーな化粧品です。

ではオールインワンのものと化粧水・乳液・美容液などと分けて化粧品を使う場合とでどう違ってくるのでしょうか。
化粧水というのはお風呂上りなど自然乾燥させるとお肌に必要な水分も一緒に飛んでしまいます。だから化粧水をつけてお肌を乾燥から守ります。乳液は潤ったお肌をそのまま保湿させます。美容液はお肌にセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分を与えることが目的です。それぞれ役割があるわけですが、では化粧水と乳液、そして美容液で成分はかぶっていないのでしょうか。おそらくかぶりまくっていますよね。化粧水にセラミド、乳液にセラミド、美容液にセラミドといった感じで配合されている場合もあるでしょう。

このこと自体が必要なことなのでしょうか。化粧水にセラミドが入っているならば美容液いらなさそうですよね。
この場合、あくまでも美容液は美容成分をお肌に届けるということに特化している。化粧水はお肌を乾燥させず潤いを与えることに特化している。特化しているというのが重要です。だからメーカーによっては化粧水がなく、美容液オンリーの場合もあります。美容液が化粧水を兼ねているという考えからです。

そういった考え方であれば、オールインワン化粧品もそれぞれの特徴成分をいいとこどりした素晴らしい化粧品といえるのではないでしょうか。

オールインワン化粧品をお探しならこちら⇒オールインワン化粧品の通販サイト