ベビーソープとは

ベビーソープとは直訳すると「赤ちゃん石鹸」です。
赤ちゃんの場合大人のようにシャンプー、洗顔、ボディソープ等
使う部位によって洗浄剤を使いわけるということはあまりしません。
その為、赤ちゃんの全身に使える石鹸というイメージです。

ベビーソープの場合必ずしもイコール石鹸ではありません。
シャンプーや洗顔、ボディソープ等これらは洗う為、すなわち洗浄する為に使用するものであり、
配合成分のメインは洗浄成分です。この洗浄成分のことを界面活性剤といいます。

界面活性剤とは本来は互いに交わることなく反発しあう水と油、
そのどちらにもなじみやすく、それぞれの表面張力を弱めるという性質があり、
この界面活性剤を使用することにより、
皮脂汚れ等の油と水を混ぜることが可能になり、汚れを落とすことができます。

石鹸もこの界面活性剤の一つなのです。
おおまかに分けると石鹸、石鹸とその他の界面活性剤との複合成分、石けん以外の界面活性剤という3つの分類に分けることができます。

石鹸はヤシ油等からとれる脂肪酸と水酸化ナトリウム又は水酸化カリウムが混ぜ合わさり反応したもののことを呼びます。水酸化ナトリウムと反応してできたせっけんは固形石けん、水酸化カリウムと反応してできたせっけんは液体石鹸です。

石けんの場合の成分表記も何種類かあります。
石けん素地、水という記載の場合とラウリン酸、水酸化Na、水と記載される場合がありますので、
このような記載がある場合は石けんベースだと考えて問題ないでしょう。
もちろん他の界面活性剤をプラスで配合している場合もあります。

ちなみに基本的に石けんはアルカリ性です。石けんで洗顔等した時はさっぱりして肌がつっぱる感じがしてなんとなく汚れが全て落ちた気がします。
そして、シャンプー等に使用する界面活性剤の多くは弱酸性です。弱酸性は使用後にぬめり感が残り汚れを落とし切れていないような気がします。

刺激の面をみると人間の肌は弱酸性の性質なので、アルカリ性は強刺激、弱酸性は低刺激です。

アルカリ性か弱酸性どちらがいいかについては様々な意見がありますので、いったんおいておいて、
それよりも石けん以外の界面活性剤というのはとても多くの種類があり、
刺激が強く赤ちゃんに使用するベビーソープにあきらかに向いていない成分もあれば、
肌に優しくとても低刺激の成分もあります。

赤ちゃんのベビーソープは最初にいいましたとおり、
全身に使うことが前提となりますので、
もちろん全身に使っても問題のない低刺激で優しい洗浄成分を使用している必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">