赤ちゃんのお肌に優しいベビースキンケアの基礎知識

赤ちゃんのお肌を大人と同じように考えると間違ったケアに陥りがちになります。

お肌に必要なケアというのは基本的に2つです。

それは、「お肌をキレイに保つこと」と、「乾燥させないように保湿すること」です。
これは大人の方でもお年寄りの方でもあらゆる世代に方に共通していえることです。

赤ちゃんの場合はもう一つポイントがあります。

それは、「お肌への優しさ」です。

本当であれば、赤ちゃんだけでなく、これもあらゆる世代の方に当てはまることです。

大人の方はイイ香りが好きなので、ボディソープやシャンプーなどに香料が入っているものを選ぶ傾向がありますが、
赤ちゃんの場合は無香料のものを選びます。

香料というのは香り以外のメリットはなく、
お肌に対しては負担となりえるものなので、入っていない方がお肌には優しいといえます。

同じく、着色料もです。
綺麗な色に惹かれがちですが、合成香料などはお肌に必要なものではありません。

赤ちゃん用化粧品選びの際には無着色のものを選ぶ方が多いですよね。

本来なら大人も赤ちゃん用の選び方であるべきですが、
それ以外の香りや色などの価値を求めて優しさだけが選ぶ理由ではなくなっています。

最近は優しさを求める大人の方も徐々に増えてきています。
無添加とかオーガニックといった言葉が流行っているのが良い例だと思います。

乳児湿疹という赤ちゃんの肌トラブルは、
お肌の状態が健やかでない場合に起こりやすくなります。

赤ちゃんのお肌の状態が健やかでないというのは、
乾燥していたり、皮脂で肌がベトベトだったり、汗まみれだったりといった状態です。

赤ちゃんのお肌を健やかな状態にしてあげれば、
乳児湿疹等の肌トラブル対策になります。

そのためには、先に挙げました3つのポイントをしっかりと押さえて、
赤ちゃんのスキンケア化粧品を選んであげることがおすすめです。

ベビースキンケアの基本とはこの3つのポイントを押さえることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">