赤ちゃんの為のベビーソープ

赤ちゃんにとって良い石けん、いわゆるベビーソープとはどのような石鹸でしょうか。

皆様ご存じのとおり、そして赤ちゃん肌という言葉が存在するように
赤ちゃんの肌は潤いもあり、もちもちとした弾力もあるいわゆる美肌というのが一般的です。
実際は赤ちゃんのお肌は大人よりも乾燥しやすくなっています。

年を重ねるにつれて潤いがなくなっていき、シワができ、紫外線等を浴びてシミができると肌のトラブルや肌のお悩みが出てきます。その為化粧水や乳液、美容液等でお肌のケアをすることにより赤ちゃん肌を取り戻そうとするのが大人のスキンケアです。

大人のスキンケア商品には高価な保湿成分や美肌成分、美白成分等美容成分が使われています。
しかし、これはあくまでも赤ちゃん肌を目指すために使うのであって、
赤ちゃんにはこれらの美肌成分や美白成分は必要がない成分です。

むしろ赤ちゃんに必要なことはしっかりと汚れを落とすことです。
赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、よく汗をかき、あせもになりやすいのです。
必要以上に皮脂汚れを落とす必要はありませんが、汗をきっちり落とすことは大切です。

そして、赤ちゃんの肌はとてもきれいな肌である反面、外からのダメージに弱いという面もあります。
シャンプーやボディソープ、洗顔等これらに共通して使われている成分は界面活性剤と呼ばれる洗浄剤です。
この界面活性剤によって汚れを落とします。
石鹸もこの界面活性剤の一つで、石鹸と石鹸とその他の成分の複合、石鹸以外の成分と
大きく3つのタイプに界面活性剤を分けることができます。

界面活性剤もお肌に優しく非常に低刺激で赤ちゃんに使用できる成分から
大人の肌であっても洗浄力が強く、刺激も強い成分までピンきりです。

赤ちゃん用のベビーソープに使うのであれば、もちろん低刺激で優しい界面活性剤を使用しているものを使用すべきです。

しかし、昔はとても珍しく少数派であったアトピーの子供が現代社会ではとても多く多数派となるほど増えています。
アトピーの赤ちゃんは肌が乾燥しやすいのであくまでも肌にできる限り優しいという条件のもと保湿成分が多少入っているほうがいいかもしれません。

その場合の保湿成分の候補はもともと人の肌の成分構成として存在しているセラミドやヒアルロン酸等が赤ちゃんの肌にとっても優しくなじみやすいのではないでしょうか。

以上のことから赤ちゃんの為のベビーソープとして理想的であるものは、
最低限の保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸等が配合されており、それ以上の美肌成分や美白成分は配合しておらず、赤ちゃんの肌にも優しく低刺激な洗浄成分を使用しているベビーソープだといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">