赤ちゃんの笑顔が見たい!ママとパパのための無添加ベビーソープ

赤ちゃんには元気にすくすくと育ってほしい!
ママとパパの共通の願いではないでしょうか?

何のトラブルもなく、育ってくれればいうことはないですが、
まだまだ乳児はお肌が未完成でデリケート。
そして、赤ちゃんは自分自身でお肌の手入れはできません。
ママとパパがしっかりと赤ちゃんのケアをしてあげなければなりません。

特にお肌に良くないことをしていないからケアしなくても大丈夫!ということはありません。
赤ちゃんのお肌は大人のお肌に比べて乾燥しやすいお肌なのです。

大人の皆さん、特に女性は保湿対策にかなり力を入れていると思います。
冬に保湿化粧品が売れるのはお肌が乾燥しやすい季節だからですよね。

お風呂上りには化粧水や乳液付けませんか?
大人の皆さんはこれまでの経験でケアすべきこととケアするタイミングを知っています。
でもその習慣ともなっている保湿ケアはスキンケアにおいてもっとも重要なことなのです。

健やかなお肌を保つには潤いと保湿は不可欠です。
お肌は乾燥してしまうと、様々な刺激から守る力が弱くなってしまい、
それによってお肌のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

大人の方がしっかり保湿ケアをしているのであれば、より乾燥しやすい赤ちゃんのお肌にもしっかりと保湿ケアをしてあげましょう。

何もプラセンタなどの高級美容成分配合の化粧品を使いましょうといっているわけではありません。
お肌に優しい成分で作られた化粧品でかつ潤いと保湿にフォーカスされた化粧品でケアしてあげましょう。

それにはベビーローションもとても大切です。
では一番乾燥しやすいタイミングはいつでしょうか?
もちろん入浴後ですよね。
理由はとても簡単。入浴中に体を洗うことによってお肌の皮脂が洗い流されるからです。

皮脂を失ったお肌はとても乾燥しやすくなります。
それなら、体を洗っても潤いが残るベビーソープがあればいいと思いませんか?

お肌にしっとりと潤いを残したまま洗い上げてくれるベビーソープがDolci Bolle(ドルチボーレ)のベビーソープです。

このドルチボーレベビーソープの特徴としては、
まず、ベースとなる水には赤ちゃんのために作られた九州の雷山で採水される天然水を利用した非加熱天然水の天使の希水を100%配合しています。
浸透力の高い水がお肌に潤いを届けてくれます。

また、ミネラルである珪素(ケイ素)も配合されています。
珪素は元素でもあり、元素記号やSiです。シリカとかシリコンなどと呼ばれています。
ちなみにシャンプーなどで問題となっているノンシリコンなどのシリコンとは別物です。
シャンプーなどに使われているシリコンは正式にはシリコーンです。

珪素は鉱物に多く含有されており、野菜や海草類から多く摂取できるミネラルですが、
そういった食べ物以外からの摂取が難しいミネラルでもありました。
水晶は珪素の塊といってもいいのですが、その水晶を超高温で数時間燃焼し続けると気体に変わり、その気体に変わった珪素成分を特殊な製法で水溶性濃縮溶液にした水溶性珪素濃縮溶液がUMO(ウモ)であり、水溶性なので摂取することで体内で吸収されることができる珪素サプリメントです。

このUMOをドルチボーレベビーソープには配合しています。
珪素はお肌にどんなメリットがあるかといいますと、お肌の状態を整えてくれます。

さらには、使用している保湿成分は元々お肌に存在している天然保湿因子のヒアルロン酸やPCA-Naや細胞間脂質のセラミドに非常に近い成分である植物性セラミドとも言われるコメヌカスフィンゴ糖脂質を使用しており、お肌に負担を与えにくい成分となっています。

赤ちゃんのお肌に対してとことん優しさを追求したドルチボーレベビーソープだからこそ、
赤ちゃんだけでなく、あらゆるデリケート肌の方のフェイスウォッシュやボディーウォッシュにお使い頂けますし、さらにはあまり刺激の強いもので洗うことは避けたいデリケートゾーンを洗うのにもお使い頂けます。

もちろんお肌に負担となりえる、パラベン、香料、着色料、アルコール・エタノール、鉱物油、石油系界面活性剤、シリコーン、旧表示指定成分といった成分は一切使っていない無添加ベビーソープです。

赤ちゃんだけでなく、家族みんなで使えて幸せをお届けするのがドルチボーレベビーソープなのです。

ドルチボーレの購入はこちら⇒赤ちゃんに笑顔を届ける無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">