赤ちゃんの為の製品とは

赤ちゃんは人類の宝です。

無邪気な笑顔、もちもちとしたきれいな肌、邪心のない純粋な欲求、
食べたい時に食べ、飲みたい時に飲み、泣きたい時に泣き、笑いたい時に笑う、
そんな一番自己中心的な存在でありながら、唯一許される存在でもあります。

赤ちゃんは自分自身を守るすべを持ちません。

赤ちゃんを守れるのは大人たちだけなのです。
赤ちゃんの成長に影響を及ぼすすべてのことは大人たちから与えられたものによるものです。
赤ちゃんには選ぶことができないため、大人による影響をまともに受けることになります。

赤ちゃんを守るのも大人、赤ちゃんを危機に陥らすのも大人なのです。

そんな赤ちゃんの為の製品には大人として気をつける責任があります。
特に、直接赤ちゃんが口にするもの身に着けるもの、肌に使用するものには注意が必要です。
なぜなら赤ちゃんは大人以上に悪いものの影響を受けてしまうからです。

ただし、例えば健康的な赤ちゃんを無菌室に閉じ込めるのは行き過ぎといえるでしょう。
空気中にも菌は浮遊しており、これらは生活していくうえでかかわっていかなければならないものです。
これらの菌に触れさせず無菌室に入れ空気中の菌への抵抗力さえ赤ちゃんから奪ってしまう必要はありません。

ここまでする必要はありませんが、
それこそ世の中に出回っている化粧品の多くは、赤ちゃんはもちろん大人にも決して低刺激とは言えないような成分を配合しているものも数多くあります。

そのような化粧品を知らず知らずに使用しているのです。
大人であれば、自己責任の一言で済むかもしれませんが、
赤ちゃんは別です。赤ちゃんに使用するものを選ぶのは大人であり、そこには責任が生じます。
大切な赤ちゃんを守るために化粧品成分等について学んでみてはいかがでしょうか。
化粧品だけでなく、身に着けるもの、口にするもの、様々なものについて安全面から考え、選択する必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">